遺言作成で繋ぐ資産の行く先|後悔しない資産の試算

お年寄り

種類を知る

遺言書には幾つか種類があり、通常は普通方式の中から選ぶことになります。中でもプライバシー性が高い作成方法として秘密証書遺言があります。内容は本人以外知ることはありません。

もっと詳しく

遺言の保管場所

自筆証書遺言方法で遺言作成を行ったら遺言の保管をしっかりと考える必要があります。保管方法としては第三者に依頼する方法と司法書士に依頼する方法があり、司法書士の場合は守秘義務が法的に課せられます。

もっと詳しく

作成対象者の見極め

遺言作成は自分と関係無いと思っている方も多いですが、実は遺言作成は近年一般的な終活の1つとして組み込まれるようになってきています。遺言作成を行うべき人、そうでない人それぞれ居るでしょうが、基本的には作成するべきものとして考えておくべき時代になったとも言えます。中でも遺言作成を行わなければならない・出来るだけ行うべき方として相続対象が居ない時や、障害を持った子供が居る、また家業を別に継ぐ人がいる、不動産を所有しているなどがあります。これらは遺言がなければ故人の遺産をどう処理していいか困る原因になり、時にはトラブルを生むケースもあります。年間で相続に関するトラブルで司法書士や弁護士を利用する方が数万人を超えることから見ても、トラブルが多いことがうかがい知れます。遺言作成するべきか迷っている、また自分がするべきなのか分からない時は、遺言作成チェックリストを用いて自分が当てはまるのか否かをチェックしておくといいでしょう。

遺言作成が必要だとわかった時は作成をすることになりますが、遺言作成はただ書いておけばいいものではありません。現在の法律上では自筆で書いたもののみ効力を発揮し、ワープロ等で書いたとしても認められません。そもそも書式が定められており、自由に書くものではありません。よくわからないという時は司法書士などへ相談するのが1番スムーズに作成を行うことができます。相談に相談を重ねても相続相手を誰にしていいか分からないという時もよくあります。こういう場合は遺産分割の禁止を行う方法もあります。遺産分割の禁止は所有者の死後5年間において遺産の分割などを禁止する方法です。死後直後は様々な欲に駆られた相続人によってトラブルを生むケースが有ります。このトラブルを回避し、円滑に相続をするために頭を冷やす期間として最大5年間遺産分割を禁止することが出来ます。法的な効力を持つため、相続人が勝手に分割すると法に触れます。遺言作成ではこういった資産に関する様々な処理の仕方を指定することが出来ます。遺言作成が必要な方は必ず行うべきですし、そうでない方も作成することが大事になります。

作成と相談

遺言作成を行う時はほとんどの方が司法書士事務所で相談依頼をすることになります。利用料金は所有している資産によってことなり、500万円以下であれば5万円程度で依頼を行なえます。

もっと詳しく